不利な条件を乗り越え、賢く生かす方法はあります!

こんにちは。山田亜希子(@umenorika1208)です。

「お金さえあれば、やりたいことがもっとできるはず!」
「子どもがいない人は、自由に遊べていいなぁ…」
「都会に住んでたら、行きたい場所がたくさんあるのに!」

あなたはこのように、他人より劣っている自分を見て、あなた自身に不満を持っていませんか?
そう!「あの人がうらやましい」と。

ですが、誰かが他の誰かより劣っているということはありません。
そこにあるのは、優劣ではなくて「違い」だけ。
「その違いを、あなたがどう感じているか?」が問題というわけです。

不利な条件を活用して、次のステップに進んだ事例

世の中には、不利な条件下に置かれていたにもかかわらず、素晴らしい活躍をする人が数多くいます。
一見すると「ひっくり返すのは難しいのでは?」という条件であっても、何かを成し遂げることは可能だと言えます。

とは言え、そのような人々を見て、
「私はあの人とは違うから、そんなことできない」
あなたはこう思うでしょう。

でも、ご安心ください!
やり方さえ知っていれば、不利な状況を生かすことはできます。

今から、具体的な事例をふたつご紹介します。
これらの事例に共通するポイントを、探してみてくださいね。

地方在住で専業主婦の山田さんが、全国各地で仕事ができるようになった理由

まずは「よく知っていて、事実を解説できる」ということで、私のことから。

今の私は、

  • 香川県高松市に住みながら
  • 事業の拠点を東京に置き
  • 営業エリアは全国

というスタイルで、仕事をしています。

この形に落ち着くまでに何回かの変化があったのですが、

居住地と離れた場所で仕事ができるようになった理由は、ふたつありました。

ひとつは「文章を書くことができる」能力を生かしたこと。
もうひとつは「子育て中だから、これはできない」の思い込みを外したことです。

どちらも詳しく書いた記事があるので、具体的なことを知りたい方はそちらを読んでみてください。

それまで縁のなかった新事業を、 彼女が始めた理由

もうひとつは、私の知人の事例です。

彼女は元々、非常に優秀。
何をさせても完ぺきにこなす、まさに「才女」と言う存在。
会うたびにいつも「いいなぁ、どうやったらああなれるんだろう?」と、思っていました。

なのですが、ある出来事をきっかけにして、彼女の人生は180度、変化したのです。

それまで当たり前のようにできていた行動のすべてに、大きな制約が生まれました。
しかも、それは生きている限り、ずっと続くのだ、と。

文字通り「人の手を借りなければ、何もできない」状態に陥ったのですが、彼女は諦めませんでした。

その時に彼女が選んだ道は、何と!
今の自分だからこそできる事業を、新しく始める
だったのです。

その決意を最初に聞いた時、私は自分の耳を疑ったことをよく覚えています。

しかし、彼女は着々と準備を進めました。
今では事業運営はもちろんのこと、一連の経験を話すという研修の依頼を受けるまでに。
「『不利な条件』は、存在しないのだな」と、私が痛感した話です。

あなたの持つ「不利な条件」を生かすために

あなたには誰かと比べて「私、恵まれていないな」と感じることが、きっとあるでしょう。
私自身、仕事仲間とは明らかに違う点である地方在住であることが重荷だ、と思い込んでいた時期がありました。

ですが、「地方が持つよい点を探す」ことによって、

「ここに住むことは、実は有利なのだ」と思えるようになりました。

「視点を変えて、物事の捉え方を変える」
これが不利な条件を生かす効果的な方法であり、現状を変えることなく、今すぐあなたができることです。

何も難しく考える必要はありません。
あなたの目の前にある「ちょっとしたもの」から、変えていけばOK!
焦らずに、楽しい遊びをするようにやってみてくださいね。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました