在宅ワークが軌道に乗る「ふたつのパターン」とは?

こんにちは。山田亜希子(@umenorika1208)です。

「私は在宅ワークで月に50万円、稼いでいます!」
こう聞いて、あなたはどう思うでしょう。

「それ本当?だったら、私もやってみたい!」でしょうか。
それとも「それ本当?何だか胡散臭いなぁ」かもしれませんね。

在宅ワークのことを調べていたら出てくる「私の稼いだ金額」情報。
パッと見たら魅力的に見える金額であっても、今ひとつ現実味がないというのが正直な感想かと。

ですが、ごく稀にですが、
月に何十万も在宅ワークで手にしている人は、実際にいます。
ただ、あなたの周囲で見つけることができないだけです。

今日は「フリーランスで在宅ワーク」シリーズとして
在宅でお給料以上に稼いでいる、ふたつのパターン
こちらについてお話しします。

在宅ワークで一定以上の金額を得る人には、大きく分けてふたつのルートがあります。

在宅ワークで稼げる人「その1」:追い込まれた人

人間というものは、追い込まれると普通では考えられないような力を発揮するもの。
いわゆる「火事場の馬鹿力」です。

在宅ワークで稼ぐ人の一定数は、そういった「限界ギリギリに追い込まれた人」です。

私がこれまでに見聞きしてきたケースは

  • 会社でもらえるお給料では足りないが、どうしても今の生活を変えたくない
  • 家庭に収入がなく自分が働かなければならないが、子どもが小さくて外に働きに出られない

といった、何らかの理由で「どうしても在宅ワークで収入を得なければ」となったもの。

これらの条件に当てはまる方が結果を出していく姿を、私は何回も見てきました。
一度「どん底」を見ているので、少々のことで慌てることなく着実な歩みを続けています。

在宅ワークで稼げる人「その2」:楽しく取り組む人

追い込まれて結果を出す人とは別に、在宅ワークを純粋に楽しむことでお金を手にする人もいます。
ただし、こちらは少数派であるというのが、私の持つ感覚です。

こちらのケースでは、
元々、ご自身の好きであった趣味や特技を在宅ワークに生かしている傾向にあります。
好きなことをやるためなので、在宅ワークに取り組む時間を見つけるのがとても上手です。
どうにかして時間を確保するために、様々な工夫を欠かしません。

また、持ち時間の使い方もとても巧み。
結果として、他の人なら3時間かかるところを、たったの1時間でこなすことが可能になります。

崖っぷちで成果を出す人が、歯を食いしばってお金を稼ぐイメージであれば
楽しく在宅ワークで稼ぐ人は、毎日ご機嫌な状態で自然とお金が入ってくる感じ。

どちらがよい、悪いというものは、一切ありません。
ただ単に、在宅ワークが軌道に乗るまでの道のりが違うだけだと考えてください。

「何となく」では、在宅ワークはうまくいかない

これまでに私は、在宅でお仕事をしたいと希望する数多くの方からお話しを伺ってきました。
その経験から導き出した「在宅ワークがうまくいく人の特徴」が、

  • 追い詰められる
  • とことん楽しむ

このふたつ。

「在宅でお仕事できたらいいな」という、ふんわりイメージのままでうまくいった人を、私は見たことがありません。

今日のお話しを在宅ワークと違う視点から書いたのが、こちらの記事。

在宅ワークを軌道に乗せるためのヒントになるので、ぜひご覧ください!

ただいま、在宅ワークについて聞きたいことを募集しています。
「これについて教えてほしい」という方は、以下のアンケートからリクエストください。
在宅でフリーランスとして働くことについてのアンケート

稼げる金額別・在宅ワークについて

「どの在宅ワークを選ぶと、何円くらい稼げるか?」について、こちらのページで解説しました。

今日の記事と合わせてご覧くださいね。

タイトルとURLをコピーしました