「私、ずっと我慢して結婚生活を続けるの?」離婚せずに不本意な結婚生活をやめる方法とは?

こんにちは。山田亜希子(@umenorika1208)です。

「あの人、私のことをどう思っているんだろう?」
「嫌われちゃったら困るから、面と向かって聞けないし…」

こういったことを思っている人が、あなたにはきっといることでしょう。

関係性の薄い人であれば、何もしなくてもよいかもしれません。
なのですが、近しい人であればそういうわけにもいきません。

たとえば、あなたのパートナーであればどうでしょう?

ここから先は、女性にとっての人生のパートナー、つまり夫について書いていきます。
日本に住む女性特有の事情も取り上げますが、男女で共通することもあるかと思うので、男性もぜひご覧くださいね。

私のこと、嫌いなのかも?

もしもあなたがひとりで出かけようとした時、ご主人から

  • どこに行くの?
  • 何をしに行くの?
  • 誰と行くの?
  • いつ帰ってくるの?

このように、あなたの行動についてあれこれと質問してきたとします。

さて、あなたはどう感じますか?

「私のこと、信用していないのかな?」
「私がひとりで出かけるの、もしかして気に入らない?」

このように、ご主人に対して疑いの目を向けるかもしれません。

ところで、あなたはご主人に直接聞いてみましたか?
「なぜ、それを質問するの?」と。

ご主人が質問した意図を、あなたが怖がって聞かないままでは何も変わりません。
「なぜ?」と聞いてみることで、予想とまったく違う答えが返ってくるかもしれません。

つまり、
あなたが怖がっているのは勝手な思い込みである、というわけです。
ただ、本人に直接聞かなければ、あなたが勘違いをしているのを知ることはできません。

「そんなこと、怖くてできない!」という場合に、考えるべきこと

あなたが思い違いをしている可能性を知った今、それでも「やっぱり聞けない」という方。
私からひとつ、質問をします。

なぜあなたは、ご主人と生活を共にしているのですか?
あなたの目的は、どこにありますか?

答えを考える時は、こちらを参考にしてくださいね。

さて、あなたの「目的」は、どこにありましたか?

お金のためだったでしょうか。
それとも、子どものためでしょうか。
「私さえ我慢すれば、今の生活を変えずに済む」という思いが、そこにはなかったでしょうか。

今の日本では、男性よりも女性は経済的な基盤が弱い傾向にあります。
そのため「離婚して私ひとりになると、お金で苦労するから嫌だ」という気持ちが生まれるでしょう。

「子どもからパパを奪うのは、かわいそう」と母に思わせた経験が、私にはあります。
しかし、子どもとしての実体験から言えるのは「我慢するならさっさと離婚してほしい」ですね。

大切なパートナーだからこそ、腹を割って話せる間柄を築こう!

「嫌なことはあるけれども、今の生活のほうがまだマシ」
あなたはこのように思っているかもしれません。

ですが、あなたの人生はあなたのもの。
あなたの選択に対して、誰も責任を取ってくれません。

だからこそ、
人生のパートナーとして選んだご主人に対しては、率直に発言できるのがよい。
私はこのように考えます。

なので、まずはご主人に「どうして?」と質問しましょう。
返ってきた答えがあなたを尊重しない内容であれば、はっきりと「No!」を言うのが私からのおすすめ。
たとえ、それが怖かったとしても、です。

ご主人との信頼関係を築く方法については、以前に書きました。
なので、そちらを読んでみてください。

あなたとご主人が今まで以上に強い信頼の気持ちを持つことを、私は心から願っています。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました